形状別のおしゃれな帽子のかぶり方

「帽子をかぶってみたいけど似合わないし、どうやってかぶっていいのか分からない…」という人、実はたくさんいるのではないでしょうか。でもそんなに難しく考えることはなく、いくつかのコツさえつかめば誰でも帽子をかぶりこなすことができます。勇気を出してチャレンジしてオシャレ上級者を目指しましょう。・帽子を選ぶ上での基本項目まず、自分の頭のサイズにあったものを選びましょう。洋服を選ぶ時でもサイズが合わないと見た目があまり良くありませんが、帽子も同じです。帽子をかぶった時に帽子と頭の間に指が2、3本入るくらいがちょうどいいサイズだと言われています。次に、自分の顔の形や体型に合ったものを選びましょう。丸顔の人は丸いシルエットのもの、エラの張った人は四角いもの、背の低い人は小さいもの、など自分と似たものを選ぶとバランスがとりやすいです。

帽子の定番。キャップ、ニット帽のかぶり方

・キャップ老若男女みんなに愛用されるキャップ。かぶり方でだいぶ印象が変わってきます。深めにかぶるとクールで男性的、浅めにかぶると明るく女性的な印象になります。着ている服のテイストや自分がどう見られたいかで深さを変えると良いでしょう。深めにかぶる場合は前髪を入れるとスッキリしてこなれ感を出すことができます。・ニット帽防寒とオシャレを兼ね備えたニット帽。初心者は、かぶった時の帽子の頂点から顎の距離の真ん中の位置に目が来るようにする、ということを意識しましょう。バランスがよくなりオシャレに見えます。かぶる深さですが、基本は耳が隠れる程度に深めにかぶり、襟足を包む感じにするのが定番です。慣れてきたらあえて浅めにかぶるのもアリです。こなれ感や可愛らしさが出て特に女性におすすめです。

かぶりこなせたら上級者。個性的な帽子のかぶり方

・ベレー帽形がシンプルなのでいろいろなかぶり方ができますが、重要なのはトップをどこに傾けるかということです。斜めにするとオシャレな感じになります。さらに片耳を出すと大人っぽい雰囲気に。後ろに倒すと女の子らしさが演出できます。・ハンチングハンチングは前からかぶるのがコツです。そしてつば部分と後方の部分が水平になるようにしっかりと深めにかぶるとおじさんのようにならずオシャレです。・中折れハット最近流行の中折れハットは、中折れ部分が変形しない程度に深めにかぶりましょう。水平にかぶるとシックな感じ。少し後ろに倒すとカジュアルな感じになります。女性は髪をまとめるとこなれ感が出ます。・ストローハット夏になると大活躍するストローハット。男性の場合は前に傾けてかぶるとクールに、女性の場合は後ろに傾けると可愛く決まります。